ゆうめん療術院
  HOME  施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
[内臓と筋肉]


夏場の疲れは涼しくなってくると感じることがありますね。

よく感じるのは肌のカサカサ感でしょうか。

海辺やプール、山で紫外線を浴びたりして日焼けしたりすると、
そのときはあまり感じることはなかっても、秋になるとお肌に
カサカサ感が出てくることがあります。

そのときにはお風呂上がりなどに乳液をつけたりしてケアしますが、
すぐにそのカサカサ感がなくなるわけではありません。

-----------------------------------------------
同様に暑い夏に冷たいジュースやお茶をガブガブ飲んだり、
アイスクリームやかき氷を食べたり、さらにクーラーの効いた
部屋でお腹を冷やしたりすると、胃腸が疲れているだろうことが
予想できますね。

冷たいビールのガブガブ飲んでいたりすると胃腸だけでなく
肝臓も疲れてしまうかもしれませんね。

内臓には痛みの受容器が少ないので、疲れが出て痛みが
出ることはあまりありません。

下痢などでお腹が痛くなることはありますが、ずっとお腹が
痛いということはほとんどありません。

普通は、体がなんとなくだるいと感じる程度ではないでしょうか?

-----------------------------------------------
しかし、夏場での内臓の疲れが筋肉に出てくることがあります。

たとえば、大腿筋膜張筋という筋肉は、歩いたりするときに
使う筋肉ですが、秋になってこの筋肉がコっている人が
よくいます。

話をうかがっても特に激しい運動をしたり、立ちっぱなしの
仕事をしているわけではないので

「どうしてだろう」

と思うことがありました。

そのときでも臨床操体法で筋肉を緩めます。

確かに筋肉は緩みます。その時は、

しかし、つぎにお越しになったときにも同じところがとてもコって
いることがあります。

-----------------------------------------------
こういうときはおそらく腸が疲れているためではと考えています。

というのも関連痛や内臓−体性反射と同じような考え方で、
大腿筋膜張筋の支配神経の分節と腸の自律神経の神経節
からの神経が重なっているためにこのような筋肉がコっている
ということが起こっていると考えられるからです。


そういうときは筋肉を緩めるだけじゃなく、お腹を温めたり
お風呂を長めに入ったり疲れた腸を元気にするようにすると
徐々に筋肉のコリがなくなってきますよ。

みなさんも夏は暑いからといって冷たいジュースやビールを
ゴクゴク飲んだり、クーラーの効いた部屋で入りびたりなど
しないよう注意しましょうね。

秋になって体がだるいとかいっても内臓の疲れを休めなければ
なかなかだるさは取れません。

後悔先に立たずですよ!


========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
全身セミナーDVD
 全身の筋肉を緩める操法を紹介
 (特典DVD、テキスト付)

図録・人体の不思議


動きの解剖学I


ベーシックセミナーDVD
 日常でよくあるからだの不具合を「臨床操体法」で
 対処する方法のセミナー映像。(テキスト付)

「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。

TEL:075-811-5991

  京都市中京区西ノ京内畑町22
臨床操体法の                    営業時間: 10:30-19:30  休日:水・第2.4日
  HOME   施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
  ■会社概要 ベーシックセミナーDVD
  不具合と関係する筋肉 用語集 Web予約 おすすめ書籍   
施術映像   セミナー映像


























































































































































































































604-8417 京都府京都市中京区西ノ京内畑町22
TEL:075-811-5991 
京都地下鉄「二条」駅出口3より徒歩7分
臨床操体法の
天佑療術院
Copyright(C)Tenyuryoujyutuin 2006