ゆうめん療術院
  HOME  施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
[手首の関節2]



手首つづきです。
-----------------------------------------------
手首の可動域が小さい人はまず考えられるのは

□前腕の筋肉がコっている
□手首の関節の小さな骨がうまく並んで関節していない
□前腕の二つの骨(とう骨と尺骨)がずれているため手首
とうまく関節できていない

などが考えられますね!

-----------------------------------------------
まず、前腕の筋肉おもに屈筋と伸筋を押して確かめてみましょう。

固かったりコっているかもしれません。

次に、手首の関節を指先でなでてみて、小さな出っ張りがないか
確かめてみましょう。

なにか出っ張りがあれば関節の小さな骨かもしれません。

-----------------------------------------------
では、前腕の筋肉をゆるめてみます。

いろんな方法がありますが、臨床操体法では手の甲を背屈
させて抵抗を加えたり、やや内側に前屈させて抵抗を加えた
りします。

これで手首の動きがよくなったでしょうか?

次に、回内筋や回外筋の回転に関する筋肉をゆるめます。

そうすると、とう骨と尺骨についている筋肉がゆるんで2つの
骨が動きやすくなりますね。

その状態で片手をヒジの下に置いてもう一方の手で手首を
軽く持って円を描くようにぐるぐる回してやります。

そう回してやると、とう骨と尺骨が動いてずれていたとしても
元の位置に戻っていきます。

-----------------------------------------------
今度は両手を手首の関節の手前と奥の手(中手骨というところ)
を持って親指側に軽く引っぱってみましょう。

筋肉がうまくゆるんでいたら手首の関節が少し動きます。

そしてここも円を描くようにぐるぐるしてやると、手首の関節が
ゆるんで、出っ張っている骨も少しましになりますよ。


 →次へ

========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
図録・人体の不思議


動きの解剖学I


ベーシックセミナーDVD
 日常でよくあるからだの不具合を「臨床操体法」で
 対処する方法のセミナー映像。(テキスト付)

「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。

TEL:075-811-5991

  京都市中京区西ノ京内畑町22
臨床操体法の                    営業時間: 10:30-19:30  休日:水・第2.4日
  HOME   施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
  ■会社概要 ベーシックセミナーDVD
  不具合と関係する筋肉 用語集 Web予約 おすすめ書籍   
施術映像   セミナー映像


























































































































































































































604-8417 京都府京都市中京区西ノ京内畑町22
TEL:075-811-5991 
京都地下鉄「二条」駅出口3より徒歩7分
臨床操体法の
天佑療術院
Copyright(C)Tenyuryoujyutuin 2006