ゆうめん療術院
  HOME  施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
[顎関節]


顎関節というのはあごの骨(下顎骨)と頭蓋骨のつなぎ目
にある関節のことですね。

あごの骨はおもに上下に開いたり閉じたりして、食べ物を
噛んだり、話をしたりするときに重要です。

このあごの骨がうまく関節していないと、開いたり閉じたり
がうまくいかなかったり、食べ物を噛むのがうまくいかなか
ったりします。

-----------------------------------------------
このあごの骨を動かす筋肉は一般に咀嚼(そしゃく)筋
いわれ、咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋があり
ます。

この筋肉はあごの骨と頭蓋骨のそれぞれ違った部位に
付いています。

よく、スルメなど硬い食べ物を噛んでいたりすると「こめかみ
あたりにだるさや軽い痛みが出るのは側頭筋がコっている
からといえます。

-----------------------------------------------
臨床操体法でこれらの筋肉をゆるめるためには口を開け
てもらう必要があります。

「口を開けてください!」
といっても大きく口を開けることが出来なかったり、

「あごを横に動かしてください!」
といってもあまり動かすことの出来ない人がいます。

顎関節がうまく関節していなかったりいつも同じ側で
食べ物を噛んでいたりすると、うまく動かせないためです。

-----------------------------------------------
何回か口を開けて咀嚼筋をゆるめていってあげるとだんだん
と口を大きく開けたり、左右に動かしたりすることが出来る
ようになってきます。

 →次へ

========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
図録・人体の不思議


動きの解剖学I


ベーシックセミナーDVD
 日常でよくあるからだの不具合を「臨床操体法」で
 対処する方法のセミナー映像。(テキスト付)

「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。

TEL:075-811-5991

  京都市中京区西ノ京内畑町22
臨床操体法の                    営業時間: 10:30-19:30  休日:水・第2.4日
  HOME   施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
  ■会社概要 ベーシックセミナーDVD
  不具合と関係する筋肉 用語集 Web予約 おすすめ書籍   
施術映像   セミナー映像


























































































































































































































604-8417 京都府京都市中京区西ノ京内畑町22
TEL:075-811-5991 
京都地下鉄「二条」駅出口3より徒歩7分
臨床操体法の
天佑療術院
Copyright(C)Tenyuryoujyutuin 2006