ゆうめん療術院
  HOME  施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
=======================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
=======================
[重心と安定 3]



さてそろそろ本筋に入っていきましょう。

両手両足の大きさはそれほど違いはありませんので

左右のバランスに関してはよほどの左右差がない限り

影響があるとは考えられないですね。

----------------------------------------------- 

では何らかの影響でバランスが崩れた時を考えます。

たとえば、

カバンを肩に掛けたりして歩いている場合。

重心はカバンを掛けている方に移動します。

その状態で歩いていると、カバンを掛けている側に力が入る

だけでなく、からだは他のところで重心を戻そうと働きます。

カバンをかけている方を右側としますと首は反対の左側に

曲がって少しでも重心を左に移動しようとします。

重心がまん中からずれたままだと歩きにくいですから。

-----------------------------------------------
背中も弧を描くようにカーブしながら歩いたりします。

このような状態がつづくと、首の骨、背中の骨、腰の骨なん

かが左にずれたりしてくると考えられます。

右利きの人が多いためかどうか分かりませんが、どうも

腰の骨とかが左側にずれている人が多いような気がします。

気のせいなんでしょうか?
(カルテを見るとやっぱり左のほうが多いみたいです)

そして一度たとえば首の骨が左にずれた場合、カバンを

掛けずに歩いているとこれまた重心が左にずれるので

どこかでバランスをとらなければなりません。

このとき不思議なことが起こります。

-----------------------------------------------
重心を戻すために腰か背中の骨が右にずれなくてはいけ

ないのに、同じ左方向にずれているのです。

いろいろ考えましたが、「だるま落とし」のように上が左に

ずれると上がこけないように下の方も左にずれるのでは

ないかと思っています。

この考え方が正しいかどうかは分かりません。



もしみなさんが人の背中を見る機会があったなら、確認

してみてください。


たとえば、腰の骨がずれていた場合、背中か首の付け根、

首の骨のどこかで腰の骨のずれている方向と同じ方向に

ずれているカ所があることを。

 →次へ


========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
図録・人体の不思議


動きの解剖学I


ベーシックセミナーDVD
 日常でよくあるからだの不具合を「臨床操体法」で
 対処する方法のセミナー映像。(テキスト付)

「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。

TEL:075-811-5991

  京都市中京区西ノ京内畑町22
臨床操体法の                    営業時間: 10:30-19:30  休日:水・第2.4日
  HOME   施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
  ■会社概要 ベーシックセミナーDVD
  不具合と関係する筋肉 用語集 Web予約 おすすめ書籍   
施術映像   セミナー映像


























































































































































































































604-8417 京都府京都市中京区西ノ京内畑町22
TEL:075-811-5991 
京都地下鉄「二条」駅出口3より徒歩7分
臨床操体法の
天佑療術院
Copyright(C)Tenyuryoujyutuin 2006