ゆうめん療術院
  HOME  施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
=======================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
=======================
股関節 3]

つぎに

(2)の逆に後方に動かす方向がスムーズに行かない場合は、

大腰筋大腿直筋がコっている場合が考えられます。

この場合のストレッチはうつぶせの状態で片足ずつヒザを

上げるようにします。

ただ、大腰筋は腰椎という腰の背骨についていますので

無理にヒザを引き上げるとこの腰椎が前にひっぱられて

しまいます。このとき腰痛など腰の悪い人には痛みなど

の負担になるのでこの方法はあまりオススメできません。


臨床操体法で大腰筋をゆるめるには、あお向け状態になり

足の親指の付け根を内側にたおして(内旋)押し込ませます。

あるいは、座った状態で肩ヒザを前に押させると同時に

反対側のヒザをひっぱります。


大腿直筋は先ほどの大腰筋の場合と同じにしてさらに

ヒザを曲げればいいですし、あおむけのままでヒザを

曲げてもいいです。



(3)の外側に動かす方向がスムーズに行かない場合は

内転筋群がコっていると考えられます。

内転に関する筋肉は、薄筋、大内転筋、長内転筋、短内転筋、

そして恥骨筋があります。

大腿骨を内側に動かす筋肉です。内股の部分ですね。

ちなみに内股ぎみで歩く人はこの内転筋がコっている人が

多いです。

また、股関節ではありませんが、外反母趾の人にも内転筋

がコっている人が多いです。

歩き方に関係するのかもしれません。


内転筋をゆるめるには両ヒザを立てるようにあお向けになり、

肩ヒザを外側に倒す方向に軽く押してストレッチします。

さらに足の位置をやや外側に移し、外に倒すように押します。

もうちょっと外に移動して、外に倒すように押します。

そして、最後は足を床から離してヒザを外側だけでなくやや上方

(腰から上の方向)に押してストレッチします。



このように外側に倒す方向を変えることによって、それぞれの

内転に関する筋肉に合わせて伸ばします。


ただ、薄筋は二関節筋で脛骨についているので、さらに

臨床操体法でハムストリングの筋肉のコリをゆるめるときに

紹介した、かかとを外側に力を入れさせる方法を

組み合わせると効果的です。


臨床操体法で内転筋群のコリをとる一つの方法はストレッチ

をする場合と同じ方向にヒザを倒してその方向に

力を入れさせて脱力します。


つづく

 →次へ

========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
図録・人体の不思議


動きの解剖学I


ベーシックセミナーDVD
 日常でよくあるからだの不具合を「臨床操体法」で
 対処する方法のセミナー映像。(テキスト付)

「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。

TEL:075-811-5991

  京都市中京区西ノ京内畑町22
臨床操体法の                    営業時間: 10:30-19:30  休日:水・第2.4日
  HOME   施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
  ■会社概要 ベーシックセミナーDVD
  不具合と関係する筋肉 用語集 Web予約 おすすめ書籍   
施術映像   セミナー映像






































































































































































604-8417 京都府京都市中京区西ノ京内畑町22
TEL:075-811-5991 
京都地下鉄「二条」駅出口3より徒歩7分
臨床操体法の
天佑療術院
Copyright(C)Tenyuryoujyutuin 2006