ゆうめん療術院
  HOME  施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
=======================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
=======================
股関節 2]

股関節を動かしている筋肉はいっぱいあります。


殿筋(大殿筋、中殿筋、小殿筋)、大腰筋、腸骨筋、

大腿筋膜張筋、大腿直筋、梨状筋、閉鎖筋、双子筋、

、大腿方形筋、縫工筋、内転筋(薄筋、大内転筋、

長内転筋、短内転筋、恥骨筋)、ハムストリング

(大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋)


といっぱいです。

股関節を動かす筋肉ってこんなにあるんです。

ではこれらの筋肉を全部ゆるめてあげましょう!

おわり…





ってことにすると怒られるのでつづけます。(^^;)



股関節のかたい人は普通全体的にかたいですよね。

でもかたいからと言ってやみくもに動かしていても

仕方ありませんので、動かす方向を分解してみましょう。


(1)大腿骨を前方に動かす方向(屈曲)

(2)逆に後方に動かす方向(伸展)

(3)外側に動かす方向(外転)

(4)反対に内側に動かす方向(内転)

(5)大腿骨を回転する方向(外旋、内旋)


という感じなんですが、動きやすい方向と動きにくい

方向を見極めて動かしていくと特にコっている筋肉を

探し出すヒントになってきます。


つまり動かしにくい場合、その動かすのに使う筋肉とは

反対の筋肉(拮抗筋)がコっているわけです。


ず(1)の大腿骨を前方に動かす方向が動きにくい場合は

ハムストリングスと大殿筋、中殿筋がコっていると考えられます。

(ちなみに小殿筋はちょっと方向が違います)

両足を伸ばしたままで座ることがスムーズに行かないときは

このハムストリングスがコっていると考えられます。


こういう場合は、両足を伸ばして座った状態から背中を軽く

押して上げると(良くやるやりかたです)ここが伸びます。

臨床操体法ではあお向けの姿勢で、片足ずつかかとを

左右に動かさせて抵抗をかけます。


大殿筋、中殿筋の場合はあお向けの状態でヒザを曲げて、

そのヒザをおへそや反対の腰の方に押してストレッチします。


臨床操体法の場合も同じ方向ですが、力は逆にヒザを引き

上げさせて施術者は反対方向にひっぱって抵抗をかけます。


つづく

 →次へ


========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================
図録・人体の不思議


動きの解剖学I


ベーシックセミナーDVD
 日常でよくあるからだの不具合を「臨床操体法」で
 対処する方法のセミナー映像。(テキスト付)

「肩こり・腰痛の簡単解消法」(pdf版)無料
 (見やすくA4版に変更されました。B5版で見にくかった方は
 再度ダウンロードしてみてください!。)
 臨床操体法で肩こりを軽減する方法が書かれています。
 一部だけですが興味のある方はダウンロードしてみてください。

TEL:075-811-5991

  京都市中京区西ノ京内畑町22
臨床操体法の                    営業時間: 10:30-19:30  休日:水・第2.4日
  HOME   施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
  ■会社概要 ベーシックセミナーDVD
  不具合と関係する筋肉 用語集 Web予約 おすすめ書籍   
施術映像   セミナー映像




































































































































































604-8417 京都府京都市中京区西ノ京内畑町22
TEL:075-811-5991 
京都地下鉄「二条」駅出口3より徒歩7分
臨床操体法の
天佑療術院
Copyright(C)Tenyuryoujyutuin 2006