天佑療術院
  HOME  施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
======================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
======================
ふくらはぎが痛い

ども 、たかです。

今回は「ふくらはぎ」の話です。



「ふくらはぎ」はヒラメ筋というのと腓腹筋という2つの

筋肉から成っています。

よく「肉ばなれ」をおこしたというときにはこのふくらはぎ

でおこることが多いです。


肉ばなれをおこしたときには傷ついた筋肉の修復が行わ

れるまで、無理な動きをしないよう心がけるのが一番です。


他にふくらはぎがコっているときにも「ふくらはぎ」が痛く

なります。

こういうときには、ふくらはぎの筋肉をゆるめてあげると

楽になります。



ところが、ふくらはぎをゆるめてあげてもまだ

ふくらはぎが痛い!

っていう人がいます。

別に肉ばなれをしているわけでもないし、すでにふくらはぎは

ゆるんでフニャフニャ。


これはいったいなぜ?



ヒザの裏側には膝窩筋(しっかきん)というというのがあります。

上部は大腿骨の外側からヒザの真うしろを通って、脛骨

(けいこつ:すねの骨)の内側についています。


この膝窩筋はヒザを曲げたり、足先を内側に回転させたりする

小さな筋肉なのですが、

この筋肉がコっていると「ふくらはぎ」に痛みが出ることが

あります。


なぜだか詳しくは分かりませんが、

おそらくこの膝窩筋の上層部には腓腹筋の腱が走っているので、

膝窩筋がコっているとその情報が間接的に腓腹筋(ふくらはぎ)

に出てくるのではないかと考えています。

このようにふくらはぎをゆるめてあげても、「まだ痛い!」という人

には、膝窩筋を見てあげるとよいようです。


(※)このコラムはあくまで私が経験上感じたことですので、必ずし

もこれが原因と決めつけているわけではありません。

ただ「こういう場合のヒント」程度に思っていただければと考えてい

ます。

もし、「こういう場合もありますよ」という場合にはお互いのスキルの

向上のためにも情報を提供していただければと思っています。。



 →次へ


========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================



TEL:075-811-5991

  京都市中京区西ノ京内畑町22
臨床操体法の                    営業時間: 10:30-19:30  休日:水・第2.4日
  HOME   施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
  ■会社概要 ベーシックセミナーDVD
  不具合と関係する筋肉 用語集 Web予約   
施術映像   セミナー映像
















































































































































604-8417 京都府京都市中京区西ノ京内畑町22
TEL:075-811-5991 
京都地下鉄「二条」駅出口3より徒歩7分
臨床操体法の
天佑療術院
Copyright(C)Tenyuryoujyutuin 2006