天佑療術院
  HOME  施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
=======================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
=======================
梨状筋坐骨神経

坐骨神経痛という病名があります。

お尻から足にかけて「しびれ」が出たり、「痛み」が伴った

りします。


この場合、梨状筋という仙骨と大腿骨を繋いでいる筋肉が

コって、坐骨神経という神経を圧迫して起こるとされています。

また、椎間板ヘルニアになったときにも起こるとされています。

(椎間板ヘルニアの話はまた後日に)



この梨状筋のコリをゆるめることにより、神経への圧迫が軽減

される訳ですが、この筋肉をゆるめるにはいろいろな方法があ

ります。


お尻から手でもみほぐす方法、ストレッチで伸ばす方法、オステ

オパシーの一種を使う方法、もちろん臨床操体法でゆるめる方

法などがあります。

また、超音波、超短波、低周波などの機器を使用する方法も考

えられます。


臨床操体法による梨状筋の弛緩をオススメするのは筋肉を緩ま

せるのに時間がかからないこと、拮抗的反射を利用するので筋肉

に緩むよう指令が出て、長持ちするということがあります。


あと梨状筋仙骨に付着しているので、筋肉がコっていた場合は

仙骨もコっている側に引っ張られてゆがんでいる可能性があります。

梨状筋をゆるめたあとはうつぶせになってもらい、仙骨のゆがみも

見てあげたほうがいいかもしれません。


 →次へ

========================
「こりとりたかの楽々施術記!」(臨床操体法の世界)

http://soutaihou.com/
========================




TEL:075-811-5991

  京都市中京区西ノ京内畑町22
臨床操体法の                    営業時間: 10:30-19:30  休日:水・第2.4日
  HOME   施術風景  よくある質問  アクセス  お問い合わせ
  ■会社概要 ベーシックセミナーDVD
  不具合と関係する筋肉 用語集 Web予約   
施術映像   セミナー映像











































































































604-8417 京都府京都市中京区西ノ京内畑町22
TEL:075-811-5991 
京都地下鉄「二条」駅出口3より徒歩7分
臨床操体法の
天佑療術院
Copyright(C)Tenyuryoujyutuin 2006